豊田駅(日野市多摩平)の歯科・歯医者・インプラント・歯周病治療なら安心して通えるバーデン歯科クリニック

042-587-4618

インプラント

インプラントは、歯を失ってしまった場合の治療方法

従来、歯を失った方の多くは「入れ歯」や「ブリッジ」を選択されていました。しかし入れ歯は痛みや不快感が強く、ブリッジは両隣の歯を削らなければならないという短所がありました。

「もっと自分の歯に近い義歯を」という声に応えて生まれたのが、インプラントです。

不快感がなく、自分の歯と同じような「インプラント」

インプラントは、歯が抜けてしまった部分にチタンでできた人工歯根(インプラント)を埋めて顎の骨と結合させ、それを土台に人工の歯を取り付ける治療法です。

ブリッジのように周囲の歯を傷つけることもなく、入れ歯のように浮いたりずれたりする心配もありません。インプラントは自分自身の顎の骨としっかり結合しているので、本物の歯と同じように使うことができます。

歯を失うと、さまざまなトラブルが起こります

永久歯を失ってしまうと二度とその歯は生えかわりません。しかもたった1本の歯を失っただけで体全体のバランスが崩れてしまいますので、できるだけ早く抜けてしまった部分を補う治療が必要です。

歯が抜けた後、そのままにしておくと、こんなトラブルが…

  • 両端の歯が失った歯のあった位置に傾斜してくる
  • 対合歯(噛み合っていた反対側の歯)が飛び出してくる
  • 歯の隙間が広がり、噛む力が弱まってくる
  • 残りの歯に加わる力が大きくなり、健康な他の歯の寿命を縮める
  • きちんと噛めないため、胃腸などの消化器官へ負担がかかる
  • 上手く発音ができなくなる
  • 噛むことで得られる脳への刺激が減少する

歯を失った場合の治療には、3つの選択肢があります

歯が抜けた後の治療には、ブリッジ、部分入れ歯、インプラントと3種類の治療法があります。どれもメリットとデメリットがありますので、当院では事前にしっかりとご説明し、患者様がご自身にとっていちばんよいと思う治療法をお選びいただきます。

  インプラント ブリッジ 部分入れ歯
治療法 人工の歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯をかぶせる方法です。 歯を失った場所の、両端の歯を土台にして、人工の歯を支える方法です。 歯を失った場所の周囲に金属の留め金をつけて固定させる方法です。
メリット ◆入れ歯のようにスベリやズレがなく、力強く噛むことができる
◆他の歯にダメージや負担をかけない
◆自分の歯のように見た目が自然できれい
◆発音に支障が出ない
◆良好な噛み合わせを維持することができる
◆自然の歯と同じような見た目にすることができるある
◆ある程度、自分の歯と同じように噛むことができる
◆固定式であるため、ほとんど装着感なくつけることができる
◆噛み合わせを回復することができ、歯をつなぐことで噛む力を分散させることができる
◆保険治療の場合は安価
◆治療期間が短い
◆取り外しができるので手入れが簡単
◆保険治療の場合は安価
デメリット ◆外科的手術が必要
◆ある程度、治療期間が長期になる
◆健康状態などにより手術ができない場合がある
◆保険が適用されず、比較的費用が高額
◆インプラント埋入後、定期的なメンテナンスが必要
◆両側に健康な歯がない場合や、多くの歯を失った場合は処置できない
◆土台となる健康な歯を削るので、寿命が短くなる
◆土台となる歯に負担がかかったり、歯磨きがしにくくなるので、歯を失う場合がある。
◆長持ちしない場合が多い
◆見た目が不自然になることがある
◆硬いものを強く噛むことができない
◆取り外して手入れが必要
◆装着した時の違和感がある
◆上手く発音ができなくなる場合がある
◆入れ歯を支える骨や歯の喪失を招きやすい
◆金属をつけるので、健康な歯に負担をかけてしまう

インプラントはこんな方にお勧めします

入れ歯の不快感が苦手な方

入れ歯を入れると嘔吐感があったり、入れ歯を入れた際に、うまく発音できなくなるのが気になる方には、お口の中を快適な状態で過ごせるインプラントがオススメです。

自分の歯と同じように噛みたい方

歯を失っても「第二の永久歯」と言われるインプラントを装着することによって、自分の歯と同じような噛み心地がよみがえります。

ブリッジで健康な歯を傷つけたくない方

ブリッジには、入れ歯のような不快感はありませんが、両隣の歯を削らなければなりません。インプラントにはその必要がなく、むしろ両隣の歯を支える存在となることができます。

入れ歯の口臭が気になる方

インプラントは普通の歯と同じようにメンテナンスができるので、口臭も防げます。

【当院のインプラント治療の特徴】歯科用CTで、安心で精密な治療

インプラント治療での事故の大きな原因としては、歯科用CT撮影による正確な診断が行わず、誤った方向・角度・深さにインプラント埋入してしまうことが指摘されています。

医療事故を防ぐ正確な診断を行っています

当院では、インプラント治療を行う際には、必ず治療前にCT撮影を行い、3次元的に血管や神経、組織などを把握します。インプラントの装着位置も精密に把握できるので、より精度の高いインプラント治療が可能です。

またレントゲンではわからなかった骨の奥行き・骨の幅・厚みを知ることができますので、手術もスムーズに短時間で終えることができます。

院内にCTがあるので、治療もスムーズです

CT撮影は、インプラントの治療に欠かせない検査の一つになっています。当院は院内に歯科用CTを整備していますので、わざわざ大学病院などに撮影に行っていただく必要がなく、治療をスムーズに進めることができます。

インプラント治療で、歯科用CTを導入するメリット

  • インプラントを入れる位置や方向のシミュレーションが可能
  • 難易度の高い手術ができる
  • 事前の確認ができるため、切開創も小さく、患者様への負担が少ない
  • 治療時間が大幅に短縮できる

インプラント治療後は、定期的にメンテナンス

治療が終わった後は、お口の中の状態に合わせた間隔でメンテナンスを行うことで、インプラントはもちろん、他の歯を守ることができます。