豊田駅(日野市多摩平)の歯科・歯医者・インプラント・歯周病治療なら安心して通えるバーデン歯科クリニック

042-587-4618

歯周病治療

【当院の特徴】歯周病は「早期発見」「早期治療」が大切です

歯周病は知らない間に進行する怖い病気です。当初は症状を感じにくいため、気がついた時は手遅れということが多いのです。

歯ぐきの腫れ、口臭、歯のぐらつきなどの自覚症状を感じるころには、かなり進行している可能性が高く、治療が難しくなってしまうケースが多くなります。

原因は細菌による感染。放置すると歯を失うことにも!?

歯周病の主な原因は細菌による感染です。歯と歯肉の間にある歯周ポケットなどで菌が繁殖することで歯肉に炎症を起こし、徐々に歯を支える骨や組織を溶かしてしまいます。

そのまま放置すると歯を失う可能性がありますので、早期発見・早期治療が重要となります。

自分では気づかないからこそ、定期的な検診が必要です

歯周病も「予防こそが最高の治療」です。歯周病にかかる前や、初期症状であるうちにメンテナンスを受けてお口の健康を守りましょう。

歯周病の進行具合と治療方法

軽度歯周病

●症状

歯と歯肉の間の歯周ポケットと呼ばれる部分にプラーク(歯垢)がたまり、そこに細菌が繁殖して初期の歯周病となります。歯肉が軽く腫れたり、出血することもあります。

●治療

まだ初期の段階ですので、歯科衛生士によるブラッシング指導と数回のクリーニングで回復できます。

中等度歯周病

●症状

口臭や出血もひどく、歯石もかなり目立つ状態。歯周菌によって骨が後退を始め、歯周ポケットも深く、歯がぐらついた状態になります。

●治療

歯の表面や歯周ポケットの歯石を取り、歯肉の状態が改善された段階で再検査を行います。歯周ポケットの奥まで歯石が付いている場合は、外科手術が必要な場合もあります。

重度歯周病

●症状

歯肉が化膿して真っ赤に腫れ、骨もかなり破壊され後退しています。歯のぐらつきも大きく、かなり危険な状態です。

●治療

症状によっては歯周外科で治療する必要があります。治療しても改善がみられない場合、抜歯となります。

当院の歯周病治療メニュー

スケーリング(保険診療)

歯の表面に付着した歯垢や歯石を除去します。表面がざらざらしている歯石を取り除くことで、プラークが付着しにくい状態に歯周病を改善していきます。

歯石は一度除去しても、しばらくすると再形成されますので、定期的なスケーリングの受診をお勧めします。歯石の付き方により、通院間隔をご案内します。

歯周ポケット掻爬(そうは)術

歯肉に麻酔をして、歯周ポケットの中の歯垢や歯石を除去する手術です。歯周ポケットの深さが3~5ミリメートル程度の、比較的軽度の場合に行う治療法です。

歯肉切除

歯肉が腫れ上がっている場合に行う手術です。患部の歯肉を切除し、縫合して歯周病の進行を防ぎます。比較的簡単な手術ですので、短時間で終わります。

GTR法(組織誘導再生法)

歯周組織再生療法の1つで、歯周病で失われた骨の部分に膜を張り、上皮の進入を防ぐ治療法です。歯槽骨や歯根膜などの歯周組織が回復するためのスペースを確保することを目的としています

GBR法(骨組織誘導再生法)

破壊された歯槽骨や顎骨などの骨組織の再生を促す方法です。インプラントを埋入するための増骨などにも利用される方法です。

歯周内科で行う治療とは?

従来の歯周病治療では、専用の器具を使って、歯石やプラークなどの原因菌を取り除く外科治療が一般的でした。また、ひどく進行した歯周病では、奥にこびりついた歯石を取るために、肉を剥がすといった苦痛や痛みの伴う処理が必要でした。

それに対して、最近、広まってきたのが、「歯周内科」という考え方です。具体的には、飲み薬と歯磨き剤で歯周病を改善していきます。痛みを伴う外科的な処理も必要なく、安全に歯周病を改善できる方法として注目されています。

従来の外科的治療の特徴

専用の器具を使って、歯石やプラークなどの原因菌を取り除くため、苦痛や痛みが伴う処理が必要

歯周内科の特徴
  • 飲み薬と歯磨き剤で歯周病を改善
  • 痛みを伴う外科的な処理が必要ない

歯周内科治療の流れ

1.カウンセリング(問診)

カウンセリングを行います。歯周内科治療に関して詳しくご説明し、納得していただければ治療をスタートします。

2.位相差顕微鏡による検査

まず顕微鏡でお口の中の菌の状態を確認します。お口の中の汚れを採取し、顕微鏡で観察し、菌の状態を確認します。治療が必要と判断され場合、治療に進みます。

3.治療開始

飲み薬を服用していただきます。1日1回3日間、食後に2錠服用してください。症状により、歯周病菌またはカビに効く歯磨き剤で、歯と歯茎の間にこすりつけるようにして歯磨きしていただきます。

4.除菌後の歯石除去

薬剤を服用して除菌した後に、歯周病の原因菌の棲み家である歯石除去を行います。

歯周病には、カビが関係しています

お口の中の細菌によって、ジスロマックやハリゾンという薬を使います。
ジスロマックはもともと「カンジダ菌」を治療する薬で、ハリゾンは抗真菌剤(抗カビ剤)のひとつです。

歯周病には、カビであるカンジダ菌が関係していることがわかってきました。原因に対して有効な薬物治療を行うことで、根本的な歯周病の改善が期待できるのが歯周内科治療です。